「日々 此建築」とは、
毎日真剣に・まっすぐに・真摯に、
建築に向き合い続ける
という想いが込められています。
日々 此建築が大切にする6つのこと

1

時が経つほどに美しく

使用する素材は、経年変化が愉しめるものを用います。
50年後にも「きれいだね」と言えるような家をつくります。

2

答えはいつも住み手のなかに

設計や施工など、作り手都合の家づくりではなく、
「本当にほしい家づくり」の答えはいつも住み手のなかにあります。
その想いを丁寧に伺い、汲み取り、カタチにします。

3

ともに考え、ともに創る

作り手都合の建てやすい家づくりではなく、
住み手と作り手、時には職人同士で会話し、
ともに考え、創り上げていける風通しの良さを意識しています。

4

意思のある職人集団であれ

家づくりの要になる大工をはじめ、
自分が家づくりに関わる「職人」だという意志を持つことが、
よい家づくりの一歩になると信じています。

5

作りやすさより、美しさ

シンプルで美しい家は、
職人にとっては難易度が高く、手間がかかります。
それでも私たちは美しさを優先した家づくりを心がけます。

6

期待を超える家づくり

自分で決める力のある、感度が高く、意思のあるお客様へ、
私たちは、期待以上の答えをお渡しします。
どうぞ「家づくり」への想いを存分に聞かせてください。

日々 此建築 株式会社
代表 武田 正彦 プロフィール

1980年、長野県中野市出身。大工・一級建築士。
家業の影響で幼少期より建築に興味を持ち、
中野西高校卒業後、町田デザイン専門学校へ進学。
卒業後、東京都内の設計事務所に就職。
現場管理の経験を積み、Uターン。
家業を手伝いつつ、長野市にて独立の準備を行う。
善光寺門前の自宅リノベーションを機に、
「デザインのできる大工」として認知される。
2012年、日々 此建築 株式会社を設立。
新築の住宅や店舗の設計〜施工から、
既存の住宅や店舗のリノベーションも多数手がける。

意思のある家づくりを

「家づくりは一生に一度だから」なんて、当たり前のことは言いません。
作りたいなら、何度でも作ればいい。一度作って、違ったなら、直せばいい。
家族の「今」に合わせて、家の形を変えたっていい。
家づくりは、もっと自由にやっていい。

私たちは、作りたてが100点満点で、年月が経つと減点されていく家づくりはしません。
私たちが目指すのは、家族と過ごした年月を受け止め、
50年後に見ても「きれいだね」といえる家づくり。

あなたの家づくりを、もっと自由に、もっとおもしろく。
「家づくり」の答えは、常にあなたのなかにあります。
どんなこだわりも、意思も、どんな想いもカタチにして、
期待以上の「家づくり」をしましょう。

あなたの「意思のある家づくり」を、私たちがお手伝いします。

日々 此建築 株式会社
代表 武田 正彦

Scroll to Top