「R氏の住まい」新築工事サッシの木枠の加工・取付

2014.1.7
建築日誌

新年の作業はサッシの木枠の加工・取付からスタートです。
今回、材種はタモで8分(24mm)の板厚のものを使用しています。

ですが、見せ方に一工夫。
「H氏の住まい」同様、壁が仕上がったときに木枠が薄く見えるように、見える部分だけを3分(12mm)の厚みにしています。こうすることで、枠自体の強度はそのままに薄く見せることができます。

このひと手間に加え、木製サッシ本体の木枠よりも内側に取り付けることで、分厚い本体の木枠の厚みが見えなくなり、木製の窓のみが強調され、木製サッシの重厚感はそのままに、シュッとすっきりした印象になります。

もちろん、木枠の角は丁寧にペーパー仕上げで面を取り、定番の「いろは・栗皮茶」で仕上げています。

1509907_180075702203284_1508589058_n

1512736_180078638869657_1861299273_n

1525693_180072475536940_596550333_n

1601500_180078812202973_1953543055_n

1538845_180078815536306_1090863975_n

BACK

お問い合わせ

Contact

何かお聞きになりたいことなどありましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。
毎日確認しておりますが、現場が遠方の場合など、すぐにご返信できない場合がございます。
万一、返信が遅い場合や、お急ぎの場合には、お電話ください。

CONTACTOFFICE / ACCESS
ToTop